ReBeage OWHシリーズ Organic White Honey

  • ホワイトエッセンス 美容エッセンス
  • ブースター セラム 美容液
  • バランス スキャルブ エナジー 頭髪用化粧水
  • BBホワイトエッセンス
  • プライムボディクリーム
  • プライムボディクリームトライアルサイズ
  • エクストラモイストローション
  • クレンジングソープ
  • エッセンスマスク
  • シーオーツーミストフェイシャルマシーン

レアハワイアンオーガニックホワイトハニー Rare Hawaiian Organic White Honey

  • レアハワイアンオーガニックホワイトハニー (Rare Hawaiian Organic White Honey)

商品検索
キーワードを入力して下さい

検索開始
  • オンラインストア会員募集中 今なら500ポイント進呈中
  • 送料全国一律600円(※ただし沖縄や一部離島に関しては、1000円) 1回につき1万円以上お買い上げで送料無料
  • フェイスブック
  • アメーバブログ

関連リンク

ビューティーアドバイザー

比嘉 里衣子さん

ReBeage☆
まさにこれぞ私の救世主です。
つけた瞬間にしっとりモチモチお肌になるんです。
職業柄、色々な物を試してきましたが、これは自信を持っておススメできます。
夜使って翌日、顔を洗った後もしっとり感が残っていてお肌の奥まで潤っていると実感!!
その場しのぎではなく、肌の基礎力をしっかり上げてくれている感じです。

エッセンスは鞄の中に入れて毎日持ち歩いています。
眼の下や口元の乾燥が気になったら、即座にエッセンスを塗るようにしています。
お化粧直しにも使えますし、ハンドクリームにも混ぜて使えますし本当に便利なんです。
もう手放せません。

スキャルプエナジーは現代社会にマストアイテムだと思います。
ストレス社会の今、頭皮がカチカチな方がほとんど、、、そのため薄毛に悩む方も多いはず。
頭皮が固くなるとお顔のたるみ、しわの原因にも。
頭皮をあまり気にされていない方が多いのですが頭皮ケアって実はとても大切なんです。
そこでスキャルプエナジーを!!
つけて軽くマッサージするだけで頭皮環境が整うのはもちろん、お顔までもスッキリ引き上がる感じです。
つけた後もべとつかず無香料なので、お出かけ前にもつけれますよ。

略歴等
元タカラジェンヌ 。
退団後は「スタジオ ボディデザイン 大阪」を経営。
女性の美を様々な角度から研究している。

南 美希子さん

ブームともいえる多くのはちみつ化粧品とこのリビエージュが一線を画しているのは、原料に幻の蜂蜜100%オーガニック・ホワイトハニーを使っていることです。
濾過もせず熱も加えていないはちみつは大変希少で、生きた酵素やミネラルが豊富なうえ抗炎症作用や抗菌作用も期待できます。
実は人一倍唇が乾燥しやすく荒れやすい私は、毎晩秘かにこのホワイトハニーを唇に塗りラップを貼って10分間パックをしています。
お蔭で唇はプルプルしっとりです。

さて、毎日愛用してやまないリビエージュにもほかの化粧品にはない優れた商品特長があります。
まずブースターセラムですが、我々成熟世代には有難い極めて高い保湿効果が得られることです。
私は毎晩パック代わりにたっぷり顔とデコルテに塗って休みます。
「眠りながらパック」として使っていますが、翌日の肌は見違えるように艶やかで、押し返すようなハリ感を得られます。
肌の負担となる界面活性剤、防腐剤や増粘剤はじめ化学物質を極力排除している点も、更年期を経て肌がとりわけ敏感になった私たち世代がリビエージュを手離せない理由です。

特にホワイトエッセンスは使い始めてから、たちまち虜になりました。
ホワイトニングは年間を通じてのテーマで1年365日ホワイトニング化粧品を手放したことのない私ですが、このホワイトエッセンスは美白効果のみならず、保湿力も抜群で他に保湿美容液を併用する必要がありません。
この1本で朝のお手入れはほぼ完結するうえ、自分の愛用している化粧品に数滴落として混ぜ合わせて使えるという汎用性抜群の化粧品だといえます。

バランス スキャルプ エナジーも頭皮に栄養を与えるだけでなく、髪のサラサラ感もアップするうえ、べたつかないのでセットの前にも使えるのが嬉しいところです。
年齢を重ねると髪に元気がなくなってきますが、女性特有の髪の悩みに答えてくれるのがこのバランス スキャルプ エナジーと言えるでしょう。

略歴等
キャスター、エッセイスト、司会者。
2008年より東京女学館大学客員教授。
女子アナブームの先駆け的存在で、テレビ朝日退社後もキャスター、エッセイスト、パーソナリティ、司会者、ナレーター、コメンテーターなど幅広く第一線で活躍中。
OLのシンボル的存在として、女性向きの講演やシンポジウムに多数出演。
美容にも詳しく、家庭画報などの女性誌で美容医療の体験取材に多く登場。
化粧品のプロデュースも手掛ける。
抗加齢学会・美容外科学会などのシンポジウムや市民公開講座などに出演。
化粧品、美容、美容医療、アンチエイジングなどに詳しい。
健康美容コミュニケーターの資格も持つ。
著書は30冊近くにのぼり、近著に「美女のナイショの毛の話」「オバサンになりたくない!」(幻冬舎文庫)。
超高齢化社会に向けて産官学の共同体が主催する2011年エイジングフォーラムの総合司会をつとめる。

PAGE TOP